カンナビジオール(CBD)の効果と副作用について

大麻由来のCBD
初めて買ったCBDオイルです

カンナビジオール(CBD)は大麻成分の一つで、アメリカでは、医療、健康補助として使われています。

知名度は低いですが、自然療法として少しずつ利用者が日本でも増えています。

そもそもカンナビジオール(CBD)とは何か?

カンナビジオール(CBD)は、大麻成分の一つで、人間に有効な作用がある化学物質の事です。

カンナビジオールは合法なのか?

大麻というと、違法な薬物を想像しがちですが、法律で禁止しているのは、大麻の花穂や葉の部分です。

大麻の花穂や葉は、マリファナやハシシの原料となり、いわゆる精神作用のあるテトラヒドロカンナビジオール(THC)を大量に含んでいます。

それに対して、七味唐辛子に使われている大麻の種子や、麻縄の原料である大麻の茎は、合法なので大丈夫です。

カンナビジオールは、大麻の種子や茎からかき集めた物ですなので、合法です。

また、カンナビジオールは、THCの作用を打ち消す働きがあります。

カンナビジオールの効果について

カンナビジオールは、次の効果があると言われています。

  • リラックス
  • 免疫力向上
  • 血糖値を下げる
  • 老化に伴う理解力や判断力の低下から守る
  • てんかん発作が減る、発作自体が出なくなる
  • うつ症状が緩和する
  • 良く眠れるようになる
  • ガン細胞への抑止効果

他に私としては、次の効果を実感しています。

  • 軽い肩凝りが緩和される
  • 軽い腰痛が緩和される

それと、他の人の口コミやコメントで気になったのが、

  • ニュートラルな気持ちになれる

私も、CBDオイルを飲みますが、今でも意味が分かりません。

また、カンナビジオールは、漢方薬との相性が良いようで、漢方薬の薬効を高めると言われています。

てんかん発作といった重病な人の場合

病院から処方される薬より、自然療法として、カンナビジオールがてんかん発作に効果があると言われると試してみたくなると思います。

ただ、注意してもらいたいのは、CBDの含有量です。

良く市場には、お試しとして、CBD含有量300mg/10ml(3%)が出回っています。

ハッキリ言います。お試しなので、睡眠やリラックスしたい人向けです。なので、てんかん発作の人には効果を実感できないと思います。

実際、CBDで、てんかん発作の子供にCBDオイルを利用している人は、CBD含有量1500mg/10ml(15%)以上です。

カンナビジオールの副作用について

カンナビジオールの副作用として、次の事が上げられています。

  • 下痢
  • 唇の乾燥
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 眠気
  • 食欲の減退

私も、唇の乾燥と眠気は実感しますが、それ以外は一切副作用はありません。

血圧を下げる薬を服用している人の場合

カンナビジオールは、そもそも血管を柔らかくする働きがあるため、次の薬を服用している人は摂取しない方が良いです。

  • 血圧を下げる薬

血圧が下がり過ぎるそうです。

カンナビジオールの製品の形

日本で手に入るカンナビジオールは、概ね、次の製品があります。

  • オイル
  • リキッド
  • お菓子・食品
  • ドリンク・飲料
  • 化粧品・ボディークリーム

化粧品・ボディークリームでも、カンナビジオールは効果あるのかな?って思いますよね。

カンナビジオールは皮膚からも吸収できると科学的に分かっていますので、カンナビジオールの味が苦手な人は、皮膚から吸収すると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました